どんな仕事なのか

ベンチに座る金髪女性

昼のキャバクラ

風俗の仕事とはちょっと違う、昼キャバという仕事。外が明るい時間の勤務なので、夜遅い時間に働くのが怖い、という場合には適しています。そんな昼キャババイトをしたい場合、やはりどのような仕事を行うのか気になってしまうでしょう。昼キャババイトでは、そこまで難しいことを行いません。

お客様と会話

昼キャバに来る人の多くは、楽しく会話をしたいと考えている人が多いです。そのため、お客様と会話が途切れないよう、楽しく話をしましょう。会話を続けるコツとしては、まずお客様の趣味や職業について聞くことです。そこから根掘り葉掘り聞いていくことで、自然と会話が続いていきます。

お酒を作る

夜のときに比べると飲む人は少ないですが、昼キャバでもお酒を飲む人がいます。そのようなお客様のために、お酒を作ってあげましょう。お酒を作る際、注意したいことがあります。それは、自分の判断で作らないことです。お客様によって、水で割ったりお湯で割ったりと好みがあります。お客様に美味しいお酒を飲んでもらうためにも、事前に確認をするようにしましょう。

店内の掃除

お客様が来店した後のテーブル周りを見てみると、水滴やおつまみの欠片なが落ちていることがあります。このままの状態で次のお客様をお通しすると失礼なので、掃除をして綺麗にする必要があります。しかし、ほとんどの場合ボーイが掃除してくれるので、気づいたら片付ける、といった感じでも大丈夫でしょう。